介護職員初任者研修 資格

介護職員初任者研修とは?

ホームヘルパー2級から移行

 

平成25年4月、従来のホームヘルパー2級から、介護職員初任者研修へ変更になりました。この変更によって、介護業界の複雑なキャリア制度がより分かりやすくなり、介護福祉士などへのキャリアップの道筋も明確になりました。

 

他にも、筆記試験が必須条件になったり、実習制度が廃止になり、実技演習が拡充されたりといった変更点が挙げられます。ホームヘルパー2級の頃に比べると、筆記試験が増えた分、資格取得の難易度が上がったように思われますが、実務やキャリアアップの事まで考えると、介護職員初任者の資格を取得するほうが、メリットは大きいと言えるでしょう。

 

ホームヘルパー

介護職員初任者研修は、介護職の「入り口」として位置づけられており、介護業界で働きたいと考える人の最初のステップになります。

 

介護の仕事に就きたいのであれば、まずは介護職員初任者研修を受講して、介護に関する基本的な知識をしっかりと身に付けることが大切です。資格取得後は、福祉施設・医院・医療機関などで院内ヘルパーや訪問ヘルパーとして働くことができます。

 

スクール選びで失敗しないために

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップキャプチャ

ブラッシュアップ文字

「ブラッシュアップ」は、講座の専門サイトです。各スクールを1社1社調べて比較するのは、手間が掛かってしまい大変です。「ブラッシュアップ」を活用すれば、自宅近くの評判が良いスクールの料金や学習内容を一括で比較、無料で資料をお取り寄せする事ができます。必ず比較をして、料金が安いスクールや、自分に合ったスクールを選びましょう。資料には、教材や体験談などが豊富に掲載されているので参考になります。

 

詳しくはこちらをクリック詳しくはこちらをクリック

 

スクール選びの5つのポイント

 

教材

介護職員初任者研修の資格を効率良く取得するためには、自分の生活スタイルに合ったスクール選びが大切になってきます。

 

以下の5つのポイントは、申し込みをする前に最低限確認しておくことをおすすめします。

 

1,講座・カリキュラムの内容

学校によって使用するテキストや、学習の進め方に違いがあります。中には、介護の知識やスキルだけでなく、要介護者と触れあうために必要な「マナー」や「心構え」といった内容をカリキュラムに取り入れている学校もあります。

 

2,費用

講座の費用は学校によって、約6万円〜15万円と幅広く設定されています。期間限定の割引キャンペーンを実施している学校もあるので、後々になって後悔しないように、事前に調べてから申し込むようにしましょう。

 

3,学習期間

講座の期間も約2週間〜4ヶ月と学校によって大きな違いがあります。単純に短期間で取得できるから、といった理由で選ぶのではなく、学習ペースについてもよく確認したうえで申し込みをしましょう。

 

4,学習ペース

介護職員初任者研修講座には、通信教育・土日開講コース・夜間コース・平日コース・短期集中コースなど、講座によってそれぞれ違いがあります。開講日時や詳細スケジュールなど、資料を参考にした上で、自分のライフスタイルに合った学校を選びましょう。

 

5,教育訓練給付金に対応しているか

教育訓練給付金とは、講座修了後に、実際に支払った講座費用の20%(上限10万円)が国から給付される制度です。給付を受けるためには、厚生労働大臣の指定を受けている講座を受講する必要があります。受講を考えている講座が対象になっているか確認をしましょう。

 

スクールを一括比較する

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップキャプチャ

ブラッシュアップ文字

「ブラッシュアップ」は講座の専門サイトです。各スクールを1社1社調べて比較するのは、手間と時間が掛かってしまい大変です。「ブラッシュアップ」を活用すれば、自宅近くの評判が良いスクールの料金や学習内容を一括で比較、無料で資料をお取り寄せする事ができて便利です。必ず比較をして、料金が安いスクールや、自分に合ったスクールを選ぶようにしましょう。資料には、教材や体験談など情報が豊富に掲載されているので参考になります。

 

詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

ホームヘルパー2級から移行。介護職員初任者研修というのは、これまでのホームヘルパー2級の研修にあたります。ですから、介護職として働いていきたい人の最初のステージとして介護職員初任者研修や介護事務などが用意されています。その後のキャリアアップとしては、介護福祉士、認定介護福祉士という資格が用意されることになります。ホームヘルパー2級や1級、介護職員基礎研修などから介護福祉士を目指していた頃と比べて、ステップアップの道筋がわかりやすくなったのも特徴の1つです。そして、もう1つ大きな変更点として挙げられるのは、それまであった施設実習の過程がなくなり筆記試験が課せられることになった点です。ホームヘルパー2級の頃は、130時間の研修時間と施設実習によって修了認定を受けることができました。一方、介護職員初任者研修では、130時間の研修時間と筆記試験に合格することで認定を受けることができるようになるというわけです。ここから、実務者研修を経ると介護福祉士にステップアップが可能になります。制度変更の意義。これまでのホームヘルパー2級や1級という制度の場合、それぞれの段階を経てからステップアップをしていくことになるので、人によって勉強する範囲や実務経験の内容がばらばらでした。そのため、キャリアアップの道筋がいくつもあってわかりにくいということで、それを1本化するのが介護職員初任者研修だというわけです。そのことで、在宅と施設という介護全般に関する基本的なスキルと知識を身に付けることができるようになります。高齢化の進む日本においては、介護職の人員不足も大きな問題となっており、制度を変更してわかりやすくし、長く介護の仕事に就いていくことが可能な体制を作っていくことも大きな目的の1つだと言えるでしょう。ステップアップの道筋を提示することで、従事者にとっても目標を立てやすくするという狙いがあるのです。従来のホームヘルパーの資格を持っている人は、そのまま介護職員初任者研修修了者として介護の仕事を続けることができます。在宅・施設を問わず、介護の現場では、利用者と介護に携わる介護職員初任者の間で良好なコミニケーションを育み、仕事に活かすことが求められます。当サイトでは、実際に活動している介護職員初任者(ホームヘルパー)や介護職員の協力をいただきながら、事例として積極的に取り上げています。いずれの事例も、人間同士が関わる課程の中で、コミニケーションが不足して、不適切な対応となったために、介護利用者や家族の不満や苦情に繋がっているといえるでしょう。その原因として、利用者や家族の生活、思い、価値観などを真摯に捉えようとしていないケースや、あるいは気付いていないケースがあります。当サイトで推奨している「介護の正しい話し方・聞き方」を適切に実行するには、小手先の対応ではなく、広い意味でのケアを行いながらも、常に周囲に目を配り、わずかなシグナルも瞬時にキャッチして気付ける訓練が大切なのです。最近では、メールや電話のみでコミニケーションを完結してしまう場合が多く、目と目を合わせて相手の心を読むといった深い関わりが軽視されているとも言えるでしょう。介護の現場も例外ではなく、表面的なコミニケーションで済ませてしまう事には充分気をつけましょう。