介護職員初任者 志望動機

介護職員初任者の志望動機

介護職に就きたい

 

介護職員初任者(ホームヘルパー)になる人の志望動機として、1番多いのが介護職に就きたいというものです。就職難の時代であっても、人員不足が問題となっている業界という事も少なからず影響しているでしょうが、やはり、人の役に立ちたい、手助けが必要な人のサポートをしたいという気持ちから介護職を志望する人がたくさんいるのです。

 

介護職というのは人を相手にする仕事なので、商品を扱っていく仕事とは違う難しさがあり、逆にやりがいもあると言っていいでしょう。

 

また、中には、高齢者の介護を希望する理由として、おばあちゃん子だった、おじいちゃん子だったということを挙げる人も多いです。

 

いずれにしても、相手の気持ちをくみ取っていくことが重要な職種です。実際にも、ボランティア活動の経験がきっかけとなり、介護の仕事に興味を持つようになったと挙げる人も多く、ボランティア精神を持つことは不可欠だと言ってよいでしょう。

 

資格を持つこと、家族の介護経験があること

 

介護職員初任者の資格を取得することは、介護に関する知識とスキルを有していると、社会的に認められることでもあります。

 

資格は、仕事をしていくうえで半永久的に有効ですし、一生使える自分の武器にもなります。ですから、仕事をしていくうえで、あるいは仕事を探すうえで、資格が有利に働くがゆえに、資格取得を志望する人も少なくありません。

 

また、体力に問題がなければ、60代でも現役でバリバリ介護の現場で働いている人もいるくらい、主婦や女性が中心となって活躍できることも人気の理由でしょう。

 

他にも、家族を介護しなければいけない場面に直面し、その経験が資格を取得するきっかけとなる人もたくさんいます。例えば、自分のおばあちゃんやおじいちゃん、あるいは両親といったように、身近な家族の介護が必要になった際に、自分が力不足だった、あるいはそのときに来てくれた介護職員初任者の働きぶりに感銘を受けたといった具合です。

 

どんな動機で介護職に興味を持ち、何がきっかけとなって勉強をスタートするかは人それぞれ違います。しかし、高齢社会が急速に進む今、介護の専門知識を身に付ける事が無駄になることはありません。

 

介護の仕事に多少でも興味があるのであれば、後になって後悔だけはしないよう、自分が勉強したいと思った時にいつでもスタートができるように、心の準備だけはしておくことをおすすめします。


介護職員初任者研修を受講をするならどこがいい?

スクールを一括比較できるサービス

 

介護職員初任者研修1

 

ブラッシュアップ学び

介護職員初任者研修2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

介護職員初任者研修3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

【介護職員初任者研修】全国の開講スクール一覧

実際に介護職員初任者研修の資料を請求してみました♪

最短で介護職員初任者研修の資格を取得するには?