訪問介護サービス

訪問による介護サービスとは?

介護サービスの基本は在宅

 

介護保険を充分に理解するのであれば、サービスを提供する事業者も、サービスを提供される利用者も、お互いにサービス内容について知っておくことが大切です。

 

介護保険は、在宅での介護支援することに重点を置いています。利用者は住み慣れた家で、可能な限り自立した状態で生活を続けたいと思うのは、当然のことだと言えるでしょう。

 

介護を必要とする高齢者本人や介護する立場の家族を、実際に支援していくのが居宅サービスであり、介護保険における在宅重視という視点はこれからも重要なものになります。

 

在宅で介護サービスを提供する場合、施設でのサービスとの違いをはっきりとさせておくことが大切です。具体的には、サービスを提供する側は、施設ではシーツ・タオル・おむつなどを使う材料は手元に豊富にあり、必要な時は手助けをしてくれるスタッフも周りにいます。

 

しかしながら、在宅であれば、タオルなどはそんなに多く用意はされていませんし、持参できる範囲内で対応しなければいけません。また、在宅で介護サービスを提供する場合は、段差や手すりなどの住環境の改善から考えなければいけない場合も少なくないのです。

 

介護サービス利用者の自宅に派遣される介護職員が、もっとも効率よく働けるようにするためにはどうすれば良いのか、環境を整えることも考慮しなければいけません。

 

訪問介護サービスの主な内容

 

身体介護 生活援助

●食事介助●洗面・排泄介助●体位変換●衣類の着脱介助 ●移乗・移動介助●身体整容●通院・外出介助●入浴介助・清拭●就寝・起床介助

●掃除●洗濯●衣類の整理・補修●配膳・下膳●買物
●薬の受取

 

「訪問介護」とは、要介護状態にある高齢者の自宅に介護職員初任者(ホームヘルパー)が派遣されて、要介護者の日常生活のお世話をすることを指します。

 

派遣される介護職員初任者(ホームヘルパー)は、専門の研修を受けることで、介護の技術と知識を習得します。

 

介護職員初任者の仕事の基本は、要介護者が出来ないことを補助することです。一言で言うと、本人の自立を促すことです。介護職員初任者の仕事は、介護が必要な人の身の回りのことに限定されます。

 

ホームヘルパーは、家政婦とは違うのです。訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)は、「身体の介護に関わること」「家事に関わること」「相談・助言に関わること」の大きく分けて3つになります。

 

介護保険においては、身体介護中心の業務と生活援助中心の業務の2つに類型化されており、身体介護においては、利用者の身体に直接タッチして行っていきます。介護介助からスタートし、衣服の着替え、入浴介助、洗面、体位変換など幅広いのが特徴です。

 

生活援助では、掃除・洗濯・衣類の整理・買物・薬の代行受取などが挙げられます。

 

さらに、時間は30分単位に設定されています。介護報酬の単価の基本は、30分未満245単位、30分移乗1時間未満で402単位となり、1時間以上は30分増すごとに83単位が加算されます。

 

加算される要素としては、「身体介護に引き続き生活援助をした場合」「訪問介護員等が2人の場合」「早朝・夜間・深夜帯に行なった場合」などになります。

 

また3級訪問介護員により行われた場合は減額となります。「特別地域訪問介護加算」は、支給限度額管理の対象外になります。さらに2009年から次の2つの加算が追加となっています。

 

特定事業所加算

訪問介護員など、サービス提供責任者について、介護職員基礎研修を受講、、介護福祉士の資格取得などの段階的なキャリアアップを推進するために特定事業所加算があります。一定レベル以上の介護サービスを利用者に提供できる体制が専門職の比率によって設定されています。

 

初回加算、緊急時訪問介護加算

サービス提供責任者について、特に労力のかかる初回時および緊急時の対応を評価するための加算が設定されています。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

【介護職員初任者研修】全国の開講スクール一覧

実際に介護職員初任者研修の資料を請求してみました♪

最短で介護職員初任者研修の資格を取得するには?