介護 資格

最初に取るべき介護の資格とは?

ヘルパーと介護士の違い

 

介護の仕事というと、真っ先に思い浮かぶのがホームヘルパーではないでしょうか。ヘルパーは、自宅で暮らしている高齢者のお世話をする仕事です。具体的には「おむつ交換」「食事介助」「通院介助」などの身体介護と、「食事作り」「買物」「掃除」などの生活介助に2つに分けることができます。

 

最近では、一人暮らしの高齢者や、老老夫婦の世帯が増えていますので、在宅で介護を必要とする高齢者にとって、ホームヘルパーは重要な役割を果たしているといえるでしょう。

 

現在、ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修へ変更となり、ホームヘルパー1級は介護職員実務者研修へと変更になりました。

 

一方、介護施設では介護士(介護福祉士+ヘルパー)が働いており、ヘルパー同様に「おむつ交換」や「身体介護」を行います。在宅ヘルパーとの大きな違いは、施設で生活している高齢者を対象としており、組織的な業務をすることにあります。

 

また介護士は、決められたことをルーチン作業として行なっているのが特徴です。最近、施設でも個別性を重視して、一人ひとりの介護士に任せている所も多くなってきましたが、在宅ヘルパーに比べると業務内容は組織的なものが中心になります。

 

在宅の場合はヘルパー、施設の場合は介護士、もしくはどちらも介護士と統一して呼ばれるのが一般的です。

 

介護資格の登竜門

 

介護には様々な資格がありますが、最初に介護職に興味を持った人は、介護職員初任者研修に行ってみてはどうでしょうか。先にも述べた通り、2013年の4月にホームヘルパー2級が廃止になり、介護職員初任者研修へ変更となりました。

 

介護職員初任者研修は、在宅介護であれ、施設介護であれ、介護の仕事に従事しようと考えているならば、必ず取得しておいたほうがいい資格になります。

 

ネットでも「介護職員初任者研修課程」と検索すると、多くの会社で研修を開講していることに気付くと思います。自治体やハローワークなどで助成金などを出しているケースもありますので、自治体のHPなどを覗いてみるのもよいでしょう。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

【介護職員初任者研修】全国の開講スクール一覧

実際に介護職員初任者研修の資料を請求してみました♪

最短で介護職員初任者研修の資格を取得するには?