介護 資格

介護に関わる資格

介護職員初任者の周りには、様々な資格を持った人が働いています。ケアマネジャーや介護福祉をはじめ、社会福祉士・理学療法士・作業療法士・言語療法士・保健師・看護師などです。

 

理学療法士は、医学的なリハビリテーションに携わる資格のひとつになります。身体に障害がある人に、基本的な動作能力の回復を促したり、治療体操をはじめとする運動の指導を行います。

 

国が指定する養成所で、3年以上専門課程を勉強後、毎年3月に実施される筆記記述試験、実技試験を受験して合格すると資格を取得することができます。

 

作業療法士は、理学療法士と同様、医学的なリハビリテーションを主に行います。特に応用動作能力や社会的適応能力回復を目指して、手芸や工芸などの作業を指導します。

 

言語療法士は、理学療法士と同様、医学的なリハビリテーションを主に行います。特に言語障害の発語機能の回復を目指し、訓練を指導します。

 

保健師は、保健所や市区町村役場で働き、疾病予防の指導、保健相談、健康教育など、地域に根付いた保健指導に従事します。場合によっては、要介護者の家庭を訪問しながら指導をすることもあります。

 

保健師になるためには、まず看護師、また看護師試験の受験資格を要し、文部科学大臣や厚生労働大臣の認定する養成所で教育を受ける必要があります。その後、国家試験を合格すれば晴れて保健師になることができます。

 

看護師は、医師の指示のもとで、患者の世話や診療の補助などを行います。職場は、病院だけでなく、訪問看護ステーション、在宅介護サービス機関などがあります。

 

看護師には、各都道府県が認定する准看護師と、国家試験によって取得する高等看護師があり、どちらも3年以上専門学校に通う必要があります。

 

准看護師の場合、3年以上の実務経験で高等看護師の受験資格を得ることができます国家試験は年一回実施され、合格すれば晴れて看護師になることができます。

 

どの職業も、介護職員初任者とチームを組んで介護にあたるケースが考えられるものばかりです。

 

医療・保健スタッフとの連携

 

具体的には、理学療法士や作業療法士、保健師などが担当する訪問リハビリサービスでは、訪問医療チームや訪問介護チームなどと密接に連携を取りながら、それぞれの利用者に合った介護メニューを提供しています。

 

地域によっては、ケアカンファレンス以外にも合同で勉強会を開くなど、それぞれの担当者が集まる機会を設け、医療や福祉を越えた連携で介護業務にあたっているケースもあります。

 

また、最近ではすでに所持している專門スキルをホームヘルパー業務に活かすケースも増えてきました。例えば看護師資格を持った人がホームヘルパーとして働く人も割合は少ないながらもいますし、在宅介護と看護の領域を越えた柔軟なサービスを提供している事業所もあります。保健師などでも同様のことが言えるでしょう。

 

他にも、栄養士資格を持った人が、ヘルパーとして働き、高齢者の自宅で調理などの家事援助をするケースもあります。今後はさらに、医療機関や保健所などを退職した人が、それぞれの医療や保険分野の專門スキルを活かして、ホームヘルパーとして活躍するケースが増えてくると思われます。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

【介護職員初任者研修】全国の開講スクール一覧

実際に介護職員初任者研修の資料を請求してみました♪

最短で介護職員初任者研修の資格を取得するには?