介護職員初任者

介護職員初任者ってどこで働くの?

在宅支援での仕事

 

介護職員初任者の職場というのは、まず介護が必要な高齢者や障害のある人のいる各家庭を挙げることができます。サービス利用者の自宅を訪問することで、高齢者や障害のある人の生活をサポートしていくことになります。

 

その際には、ヘルパーステーションや在宅介護支援事業所、訪問看護ステーションなどに所属して、ケアマネージャーからの依頼によって各家庭を訪問して介護の仕事をしていくことになります。

 

各家庭での仕事では、生活介助と身体介護などを担当していくことになります。要支援や要介護度が低く、状態も安定している人であれば、安心して生活していけるように、つき添いや見守り、あるいは洗濯や掃除、食事の準備のサポートなどをしていきます。

 

要介護度の高い人には、日常生活で難しい動作の介助をしていくことになります。排せつや入浴、あるいは食事といった生活に欠かせない動作をサポートし、身の回りのお世話をしていくことになるのです。

 

通所施設や入所施設での仕事

 

介護職員初任者の職場としては、デイサービスのような通所施設や、特別養護老人ホームなどの入所施設についても挙げることができます。デイサービスセンターというのは、高齢者が通いで入浴やレクリエーション、食事のサービスを受けることができる施設です。

 

自宅で生活がしたいという人でも、デイサービスを利用することで介護する家族の負担を減らしたり、ほかの人との交流の場としての機能もあるというわけです。

 

一方、入所施設としては、特別養護老人ホームのほか、介護付きマンション、グループホームなども考えられます。いずれの場合も、ひとり暮らしが難しい高齢者が入所することになります。

 

仕事内容としては、生活介助や身体介護などをしていくことになりますが、要介護の重い寝たきりの人や、認知症の人などにも対応していくことになります。入所施設の場合は、職場によっては夜勤もあるという点については頭に入れておくと良いでしょう。


介護職員初任者研修を受講をするならどこがいい?

スクールを一括比較できるサービス

 

介護職員初任者研修1

 

ブラッシュアップ学び

介護職員初任者研修2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

介護職員初任者研修3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

【介護職員初任者研修】全国の開講スクール一覧

実際に介護職員初任者研修の資料を請求してみました♪

最短で介護職員初任者研修の資格を取得するには?